メニュー表示
こちら知事室です
×
こちら知事室です こちら知事室です

提案のご紹介

【回答日】平成28年12月20日

県立高校定時制の給食(急遽の予算組みなど)についてのお願い

【いただいたご提案】
 いつもお世話になっております。
 このたび、学校給食への異物混入で私の息子が通う県立高校定時制の給食にも影響が出ています。

 わたしの息子は、毎日 学校の給食を楽しみにしています。
 しかし、先日の異物混入があって給食に米飯を食べることができない状況になりとても残念に思っています。

 同じ定時制の生徒たちの中には早朝から仕事へ出て、夜、学校で給食を食べる子もいます。
 育ちざかりの夜ご飯に米飯ではなくパン食になり、来週からは給食がどうなるのかもわからない状況で、親としては生徒さんたちが不憫になります。

 余裕がある家では、おにぎりを持たせることも可能かもしれませんが、そんな家庭ばかりではないかもしれません。
 少しでも早く、平常の給食に戻って生徒さんたちや学校の先生たちの不安を取り除いてあげてほしいです。

 どうか、予算の組み方など急遽の事例ですが、なんとかご考慮をお願いしたいです。

【知事の回答】
 このたびは、県立高等学校定時制の給食についてご意見をいただきありがとうございます。

 学校給食についての子ども達や親御様のご事情やお気持ちをお伝えいただき、学校給食が子ども達の楽しみの時間であり、また健やかな体を作るとても大切なものであることを改めて感じました。
 昨年来、学校給食で度々異物混入が発生したことを受け、子ども達が安心して学校給食を食べることができるよう、私から指示をして異物混入対策のチームを結成し、再発防止の徹底に努めてまいりました。そのような中で、先日の異物混入が発生し、県立高等学校定時制をはじめ学校現場で子ども達への影響が出ていることには、本当に忸怩(じくじ)たる思いです。

 このたび、県立高等学校定時制の学校給食自体が継続されるのか、米飯の提供ができないのかなどご心配をされていることを、同校の学校給食を実施しております県教育委員会へ伝え、確認をいたしましたところ、次のとおりの回答がありました。

 <県教育委員会の回答>
 この度は、学校給食について御意見をいただき、ありがとうございます。
 昨年度から今年度の初めにかけて異物混入事案が続けて発生したことから、生徒が安心して安全に食べられる学校給食を実施するため、従来の取組に加え、今年5月から県、市町、学校、業者が一丸となって異物混入防止対策に取り組んでまいりました。
 このような中、今回、異物混入事案が発生したことを県教育委員会としては大変残念に思っています。
 また、今回は、学校給食の調理を委託している業者の安全が確認されるまでの間、業者が米飯の提供を自粛することとなり、御心配をおかけしています。
 そのため、米飯に代えてパンを提供することになりましたが、給食自体は今後も継続して実施しますので、その点は御安心ください。
 委託している業者が米飯提供を再開できるまでの間、他に米飯を提供できる方法がないか検討しているところです。
 当面、パンを提供することとなりますが、御理解のほどよろしくお願いします。

 【担当課】
  県教育庁 保健体育課
  TEL:0952-25-7234
  E-mail:hoken-taiiku@pref.saga.lg.jp

 県教育委員会からの回答は以上です。

 私も、学校給食については、関係者が一丸となって、子ども達の「健康と信頼」を第一に考えながら、全ての子ども達が安心してそれを楽しむことができるようにしっかりと対応していかなければならないと考えています。県教育委員会においては、ご意見をいただいた米飯の提供もふくめて、子ども達やご家族のご事情に寄り添いながら、しっかりと対応をしていただきたいと思います。
 また、今後、このような異物混入が再発しないよう、私からは、関係者へ原因究明と再発防止策の徹底を指示いたしました。子ども達のために、私もしっかりと対応をしていきたいと思います。

 このたびは貴重なご意見をいただき、まことにありがとうございました。