メニュー表示
こちら知事室です
×
こちら知事室です こちら知事室です

提案のご紹介

【回答日】平成29年1月31日

防災について

【いただいたご提案】
 防災予防のため、下記の事項を話し合い、各隣家で協力する事を話し合いました。
 下記の事が良いと思われるのならば、県下全体に広めて頂きたい。

 昨年末、他県で、飲食店や住宅など約140棟を焼く火事がありましたが、このような惨事が起こらないように、この程、近所の人達と対策を行いました。
 火事になって電話してもすぐ消防車が来てくれるとは限りません。その間に火事はどんどん広がります。ですから、火事が起こった場合、気付いた人が大声で火事だと叫び、その声を聞きつけた人は、自宅にある消火器を持参して消火を手伝い、さらに、水道のホースの長さを隣家まで届くものを常備しておいて、初期消火の手伝いや隣家への延焼を食い止めるという事を近所同士で協力する事を確認しあいました。
2階家の人は、2階の窓からホースで放水して自宅に飛びかかる火の粉を防ぐのは、非常に有効です。自宅が火事の場合、自宅の水道ホースで消火するより、隣家のホースで消火する方が、危険が少なく、複数の隣家から消火活動が可能です。みんなで協力し合って、火事を防ぎましょう。

【知事の回答】
 このたびは、地域での火災に対する備えについてのご提案をいただきありがとうございました。

 私も、地域における防災力を高めるためには、住民の皆さまお一人おひとりが、その地域の災害リスクや住民が協力して災害に備えることの必要性などについて理解され、地域ぐるみで自発的な取組をされることがとても大切だと感じています。
 他県での大火を契機として、お住まいの地域で火災が起こった場合の備えについて話し合われたことを伺い、大変素晴らしい取組だと思いました。こういった取組について、地元消防団、自治体の防災担当、消防署などとも協力しながら、地域の関係者全体に広げるなどして、地域の実情に合わせた独自の備えも持っていただければ、さらなる地域の防災力の充実・強化が実現できると思います。

 県では自治会長や地区役員、消防団員、防災士など地域防災においてリーダー的役割を果たす方々を対象に、地域防災の必要性、重要性を再認識していただくための研修会を開催しておりますので、そういった場において今回の取組を好事例として紹介し、同様の取組が広がるようにしていきたいと思います。
 また、今後とも市町と連携し、住民の皆さまの声にも耳を傾けながら、地域防災の重要性について、より一層理解が深まるよう努めてまいります。

 このたびは、貴重なご提案をいただきありがとうございました。


【担当課】
 政策部 危機管理・報道局 消防防災課
 TEL:0952-25-7026
 E-mail:shouboubousai@pref.saga.lg.jp