メニュー表示
こちら知事室です
×
こちら知事室です こちら知事室です

提案のご紹介

【回答日】平成30年4月2日

収容について

【いただいたご提案】
【ご意見①】
 佐賀県は捕獲した動物の殺処分が多い県と聞きました。県のホームページを見ましたが引き取った動物の収容日数が少なすぎます。この日数では里親を探す時間がないと思います。少しでも引き取った動物の殺処分を減らすためにもっと考えて欲しいと思います。

【ご意見②】
 収容した動物の情報開示お願いします。収容期間があまりにも短すぎるのではないでしょうか。猫エイズは治療で発症しないですし、白血病は治らなくても発症まで個体差がありますので殺処分をする必要はないと思います。県の回答をお願いします。

【回答の概要】
 佐賀県でも、人と動物が共生できる社会の実現を目指して、犬や猫の引取り数や致死処分数削減への取組みを進めており、できる限り殺処分を減らすためには、返還や譲渡の推進を図ることが重要と考え、約5年前に譲渡専用施設「いっしょけんね」を新設いたしました。
 一頭ずつ個別に配慮した飼育環境と明るく開放的な雰囲気で、休日にも譲渡会を開催するなど積極的に新しい飼い主を探しています。
 このような取組みによって平成28年度の致死処分数は平成16年度から約9割減少したところです。

 あわせてあなた様からご指摘のありました猫エイズ及び猫白血病等の感染症についても、施設内での感染防止などにも配慮しながらできる限り対応していきたいと考えています。

 また、飼い主への適正飼養に関する啓発などを積極的に推進しながら、これからも、悲しい目にあう動物たちを少しでも減らしていくためにしっかりと取組みを進めてまいります。