メニュー表示
こちら知事室です
×
こちら知事室です こちら知事室です

提案のご紹介

【回答日】平成30年4月6日

佐賀空港の活用方法について

【いただいたご提案】
 先月、福岡空港で飛行機の着陸後にタイヤがパンクし滑走路が使えなくなる緊急事態が発生し九州内外や韓国などの空港に福岡空港に着陸予定であった航空機が一時的に着陸するとの対応になった、九州の空港の規模が東京圏や大阪圏などに比べて乏しい現実があります。今回の事態を受けた課題は福岡圏の各空港が羽田空港と成田空港のように連携してくことが必要だということです。九州佐賀国際空港と福岡空港相互のバックアップ体制の強化が必要です。また、そのことを交通アクセスの充実や空港周辺の街づくりなどに活かして欲しいと思います。これからの九州のためにお願いします。

【回答の概要】
 先月福岡空港において、ピーチ・アビエーション株式会社の航空機が滑走路上でパンクし、滑走路が2時間半にわたって閉鎖されるとの事態が発生しました。
 幸い負傷者などはなかったものの国の運輸安全委員会が重大インシデントに認定したほどの事故でしたので、空港を管理する立場として、航空会社には徹底的な安全管理を求めたいと思っています。

 九州佐賀国際空港では、旅客ターミナルビルの拡張や駐機場の拡張などの機能強化を図っており、これにより、より多くの利用者や便数に対応できるようになることから、緊急の際のバックアップ機能も強化されるものと考えているところです。

■担当課
 地域交流部 空港課
 TEL:0952-25-7104
 E-mail:kuukou@pref.saga.lg.jp