メニュー表示
こちら知事室です
×
こちら知事室です こちら知事室です

「人を大切に、世界に誇れる佐賀づくり」

佐賀県知事 山口祥義  佐賀県では明治維新から150年を迎え肥前さが
幕末維新博覧会を開催しています幕末の肥前佐賀藩
は世界を見据えて稀代の人材を育てるとともに蒸気
船の建造や鉄製大砲の鋳造といったものづくりの力
を高め日本の産業革命を先導しました。 明治政府に
おいても、2度の内閣総理大臣を経験した大隈重信を
はじめ、江藤新平や大木喬任、佐野常民、副島種臣と
いった佐賀藩出身者が外交司法教育など幅広い分野
で新しい時代の制度設計を担い薩長土肥の一角とし
て大きな存在感を示しており日本の近代化は佐賀無くして語ることはできま
せん。

 それから150年後の現在、日本全体が一つになって豊かさを追求した高度
経済成長は終わりを告げ人口が減少していく中でそれぞれの地域が自ら課題
を見つけ解決していく社会へと移り変わりつつあります。
 この時代に地域が輝きを増していくためには皆がふるさとを愛し誇りに
思いながら、連綿と続く伝統や先人たちの「志」を受け継ぎ、そこに新たな
価値を見出していくことが大切です。維新博はきっとその一つのきっかけと
なる事でしょう。
 忘れてならないのは人の痛みに敏感に一人ひとりの想いに寄り添いながら
誰もが笑顔で暮らせる社会づくりを進めていくこと人を育て大切にしてきた
歴史のある佐賀には、新しい時代のあり方を示す力があるはずです。

 佐賀ゆかりのアーティストやアスリートが世界で活躍し有田焼や佐賀の酒
が国内外で高く評価されるなど佐賀の「技」「人」が注目を集める今こそ
佐賀が再び変革の時代の先頭に立って行動する時です。
 山口県政では元からある「本物」の地域資源に再び光を当て新しい人の
流れや時代に合った社会を創り出していく「さが創生」とデザインの力で
ひとの暮らしやまちを心地よく豊かなものとしていくさがデザインの視点を
広く施策に取り入れ、佐賀から世界へ、新たな価値を創造していきます。
 全てはふるさと佐賀のために熱い「志」を原動力に透明で真摯にまっす
ぐな県政で「人を大切に、世界に誇れる佐賀づくり」を進めてまいります。

 「志通天。」~志は天に通ず~

佐賀県知事 山口 祥義(よしのり)