メニュー表示
こちら知事室です
×
こちら知事室です こちら知事室です

渇水対策本部準備会を開催

 佐賀県内では、昨年秋から雨が少なく、ダムの貯水量が減ってきている状況です。今後も雨がすくなければ、県民生活への影響が心配されるため、佐賀県渇水対策本部準備会を開き、山口知事が状況確認と各部局長への指示を行いました。

渇水対策本部準備会を開催①

渇水対策本部準備会を開催②

渇水対策本部準備会を開催③

渇水対策本部準備会を開催④

 準備会では、嘉瀬川ダム等の佐賀県内ダムの貯水状況を共有し、ダムの貯水率が危機的な状況であることを確認。

 山口知事は「嘉瀬川ダムの貯水率が過去最低の貯水率、その他の県内ダムも例年の貯水率を大幅に下回っており、県民生活に影響を与える恐れがあるという認識で対処していく。県民生活や産業活動に支障が出ないよう節水等の渇水対策に全力で取り組む」とコメント。また、「最近の気象状況はわからない部分もあり、逆にいつ集中豪雨が起きるかわからない。そのことも念頭に置いて備えるように」と各部局長へ指示を行いました。

 県では引き続き、県民の皆様の生活を守るために全力で取り組んで参ります。

 以上、広報広聴課レポーターが現場よりお伝えしました。

 準備会では、嘉瀬川ダム等の佐賀県内ダムの貯水状況を共有し、ダムの貯水率が危機的な状況であることを確認。

渇水対策本部準備会を開催②
 山口知事は「嘉瀬川ダムの貯水率が過去最低の貯水率、その他の県内ダムも例年の貯水率を大幅に下回っており、県民生活に影響を与える恐れがあるという認識で対処していく。県民生活や産業活動に支障が出ないよう節水等の渇水対策に全力で取り組む」とコメント。また、「最近の気象状況はわからない部分もあり、逆にいつ集中豪雨が起きるかわからない。そのことも念頭に置いて備えるように」と各部局長へ指示を行いました。

渇水対策本部準備会を開催③
 県では引き続き、県民の皆様の生活を守るために全力で取り組んで参ります。

渇水対策本部準備会を開催④
 以上、広報広聴課レポーターが現場よりお伝えしました。