メニュー表示
こちら知事室です
×
こちら知事室です こちら知事室です

SAGA BLUE PROJECTのキックオフイベントを行いました。

 7月4日、交通事故防止対策「SAGA BLUE PROJECT」の一環として、若い世代に向けた交通事故防止のキックオフイベントを西九州大学で行い、山口知事が出席しました。

SAGA BLUE PROJECTのキックオフイベントを行いました。
SAGA BLUE PROJECTのキックオフイベントを行いました。


SAGA BLUE PROJECTのキックオフイベントを行いました。

 県は、令和元年度からデザインの力を活用した交通事故防止対策「SAGA BLUE PROJECT」の取り組みを行っています。その効果は確実に出ており、平成28年まで5年連続で人身事故件数がワースト1位(人口10万人あたり)でしたが、取り組みを始めてから人身事故発生件数は減り続け、ワースト1位を脱却しています。
 今回のキックオフイベントは、交通事故の原因者の4分の一を占める若い世代(15~29歳)へ交通事故防止を「自分の事」と意識してもらい、特にスマホ使用(わき見)運転の撲滅を呼び掛けるものです。

 山口知事は「佐賀県では20歳前後の若い人の事故、特に追突事故が多く、スマホを触りながらの運転も見られる。皆さんも運転中は絶対にスマホは使わないよう注意してほしい。」とイベントに参加した大学生に呼びかけました。

 今年度、県は若い世代と高齢者の交通事故防止を重点取り組みとし、「やめよう!佐賀のよかろうもん運転」をスローガンに各世代に向けた取り組みを行ってまいります。

 以上、くらしの安全安心課レポーターがお伝えしました。